FC2ブログ
キリスト教の知識があると楽しめる映画3
<ほのぼの編>

お久しぶりです。キリスト教知識があると楽しめる、なくてもほのぼのできる映画をご紹介します。どれここれもお勧め!全部見てくださいね。

■翼のない天使
 Wide Awake

シックス・センスのシャラマン監督作品です。カトリック校に通うジョシュアくんが、死んでしまった大好きなおじいちゃんが今どこにいるのかを探す物語です。小学校5年生の設定にしてはジョシュアくんが幼すぎる気もしますが、それでもその純粋さにはホロリときます。
ちなみにジョシュア(Joshua)はイエスのヘブライ語名を英語風に読んだ名前です。旧約聖書のヨシュア記にも由来しています。




■夏休みのレモネード
 Stolen Summer

こちらも少年が主人公の映画。カトリックの男の子とユダヤ教の男の子のお話です。人が死んだらどうなるかについてのキリスト教とユダヤ教の考えの違い、カトリックの聖体(小さいパン)と秘跡のことなどを知っていた方が楽しめるとは思いますが、知らなくてもこちらもまたホロリときます。アイルランド系のカトリックのお父さんと、ユダヤ教のナビ(先生とか指導者的な人)をしているお父さんとのやり取りもまた考えさせられます。


■ジェイムス聖地へ行く

イスラエル製作の映画です。アフリカの村の代表として聖地エルサレムをひとめ見ようとイスラエルにやってきた青年、ジェイムスくんのお話です。英語とヘブライ語とズールー語がでてきます。シャローム(ヘブライ語の挨拶)を聞いておお~っとなりました。ラストシーンがまたよかったです。聖書に出てくる放蕩息子のたとえ話を思い出しました。


■サン・ジャックへの道

日本でいえばお遍路さんみたいなフランスからスペインへの聖地巡礼。フランス製作の映画です。ロードムービーっていうんですか、こういうの。巡礼の道を歩いている以外、キリスト教的な話はまったくでてこないのですが、時々大聖堂や修道院が出てきまます。巡礼の道が世界遺産になっているので、景色ばつぐんです。
ストーリーもお勧め。文句ばっかり言っているオバサンに最初はイラっとさせられましたが、そんなオバサンも最後には好きになってしまう不思議なほのぼのさがありました。



ちなみにですが、画像は著作権があるので勝手に使えません。なので楽天のアフィリエイトシステムを利用しているのですが今回ほとんど商品がなくて・・・。amazonに変えようかしらー。
スポンサーサイト



【2010/08/07 20:36】 | 日記? | trackback(0) | comments(1) | page top↑


| ホーム |